自分にとって不要なものは買取が便利です

大好きな祖父が突然亡くなってしまいました。
葬儀などを終えた後に、祖父の部屋を片付けることになり、趣味で集めている骨董品がたくさんのことに家族で悩んでいました。
祖父が集めた大事なものなので、残しておきたいという気持ちがありましたが、大変多くの骨董品が部屋を占拠していたので困る気持ちもありました。
家族それぞれ形見として好きな骨董品を一つずつ頂く形で、それ以外は買取をしてもらうことに決めました。
ネットで近場の業者をいくつか探し、その中で印象が良い業者に連絡しました。
すぐに家まで来てくれて、骨董品の査定を行ない見積もりが出ました。
骨董品は好きな人の手元に行く方が良いのではないかと考えていたので、買取してもらうことに決めました。
買取価格よりも、部屋が綺麗に片付いたことと、眠っていた骨董品がまた好きな人の元へいくということにとても充実感を覚えました。
骨董品の買取は数が少なくても行っているので、家の中で見つけた時には、またお世話になります。